iPhoneのジャンク品(バッテリーの劣化)

以前の記事で「iPhoneのジャンク品について」ご紹介していますが、前回はフロントパネル(画面)のひび割れ・亀裂などのガラス割れの症状「iPhoneのジャンク品(ガラス割れ) 」をお話ししました。今回もジャンク品の症状別でお話ししたいと思います。

iPhoneのジャンク品でもっとも多い症状なのがフロントパネルのガラス割れですが、二番目に多い症状が「バッテリーの劣化」です。こちらもガラス割れと同じで、症状によってはジャンク品のカテゴリーに入らない場合もあります。単純にバッテリーの持ちが悪い場合は正常品として取引されることがあるからです。

ただ、バッテリーの劣化により症状が進むとiPhoneが起動しなくなったり、すぐに電源が落ちてしまったり、膨張により液晶パネルが浮き上がり損傷してしまったりと、症状が悪化することが多いので、バッテリーの劣化は一番気をつけた方がより症状かもしれません。

さて、バッテリーの劣化はどの様な状況がそうさせるのでしょうか?
バッテリーの劣化は、主にバッテリー寿命が関係してきます。したがって、バッテリー寿命を長く使うことができれば、バッテリーの劣化は防ぐことができるのです。

ですが、それはiPhoneを使っている本人が心がけなければいけません。雑な使い方をしていればバッテリーの寿命は短くなりますし、丁寧な良い使い方をしていればバッテリーの寿命をギリギリまで使用する事も可能です。しかし、その良し悪しが分かっていなければ、大事に使うもくそもないですよね。

それではまずバッテリーに良くない事を紹介します。
充電器にiPhoneを差したまま使用していませんか?いつも充電を満タンにしておきたいと思い、過充電でiPhoneを使用していませんか?この二つの行為は、バッテリーには良くない事なのです。普段からやっていた方もいるんではないでしょうか。バッテリーにとって悪い事を減らせば、バッテリー寿命をのばすことができます。バッテリーの劣化を防ぐためにも普段から意識して使ってみましょう。