ゴミでも売れるiPhoneの需要

iPhoneの修理と買取をはじめて数年になるが、表現は悪いがこの端末だけはゴミでも売れる!という認識になった。修理をしていると破損した液晶や膨張したバッテリーなど普通に考えたらゴミにしかならないような部品が、オークションなどで値がつくのだ。基本的に壊れている状態や使用不可の状態(ジャンク品)に値が付く事自体がすごい事なのだ。
ジャンク端末は高額とまでは言えないが、大量の部品を廃棄することを考えたら1円でも売れてくれた方がこちらとしては助かる。当然だ。壊れている端末を破棄してお金が入ってくる事はない。一円でも値が付けばこれ以上ありがたい事はない。

はじめは試しにジャンクのiPhoneを出品してみたのだが、売れなかったことは一度もない。そのくらいiPhoneという端末は需要があるのだろう。

だからもし、ご自宅などに古いiPhoneやiPadがあれば是非、近くの買取店へ持ち込み査定してもらいたい。必ず値段が付くはずだ。

もっと言ってしまえば、画面が割れていても電源が入らなくても買取してくれるお店もあるはずです。わたしの店でも買取不可は一切なく、iPhoneだったらどんなに古くても、どんなに壊れていても必ず値段をつけて買取らせて頂いている。部品の全てがゴミにならないiPhone!まだしばらくはこの端末にお世話になりそうだ。