Appleのフィッシングメールに注意

iPhone・iPadユーザーは特に注意が必要になるAppleを騙ったフィッシングメール・詐欺について今回お話ししたいと思います。

フィッシングメールによる詐欺やウイルス感染にはパソコン・スマホ共に問題になっていますが、最近はAppleを騙ったフィッシングメールが世界各国で出回っている様です。その内容ですが、メールにはURLが張り付けられており、そのリンクURLをクリックしてしまうとフィッシングサイト(ダミーサイト)へ誘導されてしまうようです。

メールで書かれている内容の日本語は、日本人なら少し違和感のあるような日本語でいわゆる翻訳したような感じなので、冷静に読めばちょっとおかしいと思い気付くのでは?と思いますが、被害が報告されているということは被害に合ってしまう人が多いのではないかと思われます。

「支払いをキャンセルして下さい。」、「これを購入していません。」など不安を煽りURLのクリック促し、URLをクリックさせAppleに類似したサイト(ダミーサイト)に誘導させる手口です。偽のサイトが巧妙に作られているため、フィッシングサイトにアクセスしてもすぐには怪しいと違和感が感じない人が多いようです。

不安になってる上に違和感が無ければ、誰でも信用してしまいますよね。しかし、冷静になりネットで情報を調べてみる事や、Appleに問い合わせてみるなどして、安易にAppleIDやパスワードを入力しないようにして下さい。これらのフィッシングメールやウイルスメールはこれからさらに高度化する可能性もありますので、最新の注意を払い、騙されない様に注意して下さい。